HOME > TEACHERS > Piano > Pianist: Mari Terada

TEACHERS

< Violinist: Motoko Tokoro  |  一覧へ戻る  |  Pianist / Music Manager :
Tomoko Kodama  >

Pianist: Mari Terada

Pianist: Mari Terada

Monday

月曜日

幼少期からアメリカ/ヨーロッパに順に暮らし、英語、日本語、ドイツ語、フランス語でのレッスンが可能です。優しさも厳しさも持ち合わせたすばらしい先生です。個々のニーズに合わせ最大限音楽を楽しめるようレッスンをいたします。

Profile

5歳よりピアノの手ほどきを受け、7歳より家族と共に渡米。アメリカ滞在中にSYMF,南カリフォルニア・バッハコンクール共に3位入賞。レコーディング・コンペティション銀賞受賞する。16歳で家族と共に渡独し、現地のインターナショナル・スクールを経て、エッセン国立音楽大学演奏家コースに入学する。1988年ケルン、ショパンコンクールファイナリスト。1991年エッセン国立音楽大学を"優秀“で卒業後、同大学院進学。1992年から95年までパリ、エコールノルマル音楽院(パリ)研究科においてジェルメーヌ・ムニエ教授に師事する。94年、ルーセル国際コンクール(ブルガリア)においてディプロマと最優秀ドビュッシー賞受賞。ローマ国際コンクール(イタリア)においてディプロマ、メダルとフランク賞受賞。96年イタリアのキジアーナ音楽院にて室内楽をR.ブレンゴラー、岩崎淑両教授に師事し、名誉ディプロマ受賞する。

日本では97年に東京カザルスホールにて日本デビューリサイタルを開催、この演奏会に対して98年「音楽の友」2月号"日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97“に選出される。以来、定期的にリサイタルやサロンコンサートを行う。海外でも近年は06年にベトナム国立交響楽団とモーツアルトのピアノ協奏曲で共演、07年は5カ国(ドイツ、フランス、ベルギー、オーストリア、スコットランド)での同時衛星中継;マルチ・メディア総合舞台"St. Kilda: an European Opera”のピアノソロ担当をドイツ公演で5回出演し、成功を収める。08年、外務省認定事業「日本ブラジル移民100周年記念コンサート」及び「ブラジル報道協会200周年記念コンサート」のため、ブラジルで2公演を行う。09年、中国公演、10年韓国公演、13年在ホーチミン市ドイツ総領事館主催でベトナム公演, 14年タイ公演、及びマスタークラスを行う。

ソロリサイタルのみならず、他分野とのコラボレーション企画にも意欲的で、今までに「音楽と朗読」、「スイーツと音楽」、2011~2012年にかけてシューマンをテーマに“Playing with Schumann”という「音楽と絵」との3回シリーズを行った。

CDはアウローラクラシカルより04年に「シューマン」、06年に「ドビュッシーピアノ作品集」をリリース。「ドビュッシーピアノ作品集」は「レコード芸術」・「ショパン」誌で特選盤に選出された。

現在はソロ活動のほか、伴奏や室内楽でも活躍している。また、アウトリーチ活動、レクチャーコンサートやチャリティー演奏活動なども積極的に行っている。
また、2012年よりP.I. A Japanピアノコンクール、及びP.I.A. Japan検定試験の審査員。
これまでに中村裕子、クラウス・シルデ、ジェルメーヌ・ムニエ各氏に師事。
(公)日本演奏連盟会員、(社団) 全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。

HYPERLINK "http://www.mariterada.com" www.mariterada.com




Mari Terada began to play the piano at the age of 5. At age 7, she moved to the US with her family. During her stay in the States, she won several prizes at competitions including such as SYMF Competition and Southern California Bach Festival.

In high school, she moved to Germany with her family.

In 1985 she entered performers’course at Folkwang Hochschule fuer Musik in Essen, Germany, where she has graduated with distinction in 1991. In 1988, she was the finalist at Chopin Competition in Cologne. In 1990, she was chosen to give a concert for 4 pianos at the Music and Art Festival Nordrhein-Westfalen representing her school. In 1991, she started her post-graduate course at Folkwang. She also won the audition for “German-Japanese Society for the promotion of music”.

Further studies at Ecole Normale de Musique de Paris in France with Prof. Germaine Mounier from 1992 to 1995.(cours de perfectionnment) In 1994, she received a diploma and Debussy prize at Albert Roussel International Piano Competition in Bulgaria. 6 months later, she was awarded C. Frank Prize, medal and diploma at Rome International Piano Competition. In 1996, she studied chamber music with Riccardo Brengola and Shuku Iwasaki at Academia Musicale Chigiana, Italy, where she received an honorary diploma.

Mari Terada gave her debut recital in Japan in 1997 at Casals Hall, Tokyo. For this recital, she has been elected as one of the three new comers in the Japanese piano field by the music magazine, “Ongaku no Tomo”. In 1998, she recorded for Camerata, Tokyo with violinist, Junko Chiba. In 2004, she recorded her solo CD for Aurora Classical ( Schumann Album), and In 2006, her second solo CD: Debussy Album has been chosen as “the most recommended Disc” by “Rekord Geijutsu” and “Chopin” Magazines. In fall, she made her debut in Vietnam with the Vietnamese National Symphony Orchestra playing Mozart piano concerto.

In 2007, she played the piano in the multi media production, St, Kilda; an European Opera, which was transmitted simultaneously by satellite in 5 different countries ( Germany, Scotland, France, Belgium , Austria).

In 2008, Mari Terada held solo recitals in Brazil as part of” Centennial celebration of Japanese immigration to Brazil and the” Bicentennial celebration of the Brazilien Press Association” (an official event recognized by the Japanese Foreign Ministry)

In 2009, recital in Beijing, China

In 2010, recital in Souel, Korea

Mari Terada performs not only as a soloist, but also as chamber musician and accompanist. She also does outreach programme.at various schools. Master classes in Beijing, China ( 2009), Kanazawa, Japan ( 2010) She is also a jury member at P. I. A, Piano Competition.

Her other projects are collaboration concerts such as “Music and Literature”, “Music and Sweets” and “Music and Art”. In 2011, she started a 3 series concert with visual art called, “Playing with Schumann”, featuring Schumann and his piano works.

She’s presently a member of Japan Federal Music Organization.

< Violinist: Motoko Tokoro  |  一覧へ戻る  |  Pianist / Music Manager :
Tomoko Kodama  >

このページのトップへ