HOME > TEACHERS > Violin > Violinist: Motoko Tokoro

TEACHERS

< Pianist: Haruko Uehara   |  一覧へ戻る  |  Pianist: Mari Terada >

Violinist: Motoko Tokoro

Violinist: Motoko Tokoro

Saturday/Monday

土曜日/月曜日

幅広く活躍中のバイオリニストであり、ベテランの講師でもあります。小さい生徒さんも歓迎です。英語/日本語でレッスン出来ます。。

Profile

東京都出身。横浜市在住。
国立音楽大学器楽学科卒業。
第84回神奈川県立音楽堂推薦音楽会に出演。
神奈川フィルハーモニー管弦楽団に2年間在籍した後、渡米。
南カリフォルニア大学大学院修了。
その間シカゴシビックシンフォニーサマーコース、ロスアンゼルスフィルハーモニックインスティテュート、アメリカンインターナショナルミュージックスタディに参加。
在米中は、日米管弦楽団、サンタ・バーバラ室内オーケストラ、パサデナ交響楽団の団員を務める。
帰国後はフリーのヴァイオリン奏者として、オーケストラ、室内楽、スタジオ、ソロ等ジャンルをこえて幅広く演奏活動を行う。
福井巌、中村泉、水野佐知香、A・シェーンフェルドの各氏に師事。
2006年、2013年シンガーソングライター木村真紀のCD録音に参加。
2012年から横浜、中山のなごみ邸にて「MOTOKOのサロンコンサート」を定期的に開催している。


Motoko Tokoro graduated from Kunitachi College of Music.
Motoko was a member of the Kanagawa Philharmonic Orchestra for two years, before she moved to the US and graduated from the University of Southern California. There she earned a Master of Music – performance.
While she was in the US, she studied at a summer intensive course organized by the Chicago Civic Symphony, and also studied at the LA philharmonic Institute. She also participated in American International Music Study. She was a member of Japan American Symphony, Santa Barbara Chamber Orchestra, and Pasadena Symphony Orchestra as well.
After returning to Japan, Motoko has performed as a solo violinist and as a guest
player with various orchestras. She has also worked as a studio musician for
local recording artists. Motoko has taught young students for many years, and
is currently teaching at the music department of St. Maul International for private
lessons.

< Pianist: Haruko Uehara   |  一覧へ戻る  |  Pianist: Mari Terada >

このページのトップへ